ストーリー


ついに脱サラリーマン生活。踏み切るには理由がありました。ザンゴです。実は、もともと私はザンゴ社の社員でした。社内の視点で素晴らしい可能性を目にした上で、「ディストリビューターになろう」と決断したのです。成功のための要素=「会社」 「商品」 「ビジネスチャンス」。この全てがザンゴにはあります。あなた自身で扉を開き、その可能性を確かめてください。成功への近道・・・それを誰よりも願い、共にその道を歩むパートナーとしてのザンゴ・ネットワークコミュニティ、それが『エナブリング』です。

数年前の私は、次のように考えていました。

①もっと収入を増やしたい

サラリーマンとしては安定していましたが、逆に、2年後に2倍にはなることはないと思い、同じ2年ならもっと劇的に収入を増やす方法を見つけたいと考えました。

②もっと家族との時間が欲しい

子どもが寝ている間に出勤し、帰宅したらもう寝ていると言う毎日。“仕事が落ち着いたら子どもと遊ぼう”と思っていても、おそらく『落ち着く』ころには子どもは子どもでなくなっていると気付いたのです。

③好きな場所に住みたい

私は、田舎暮らしがしたかったのですが、東京ほど自分に合った仕事を見つるのは困難でした。また、ザンゴが成長する企業であることは分かっていたので、何とか好きなところに住みながら、ザンゴの成長に関われる方法を模索していました。

④老後まで継続する権利収入が必要だ

どんなに高給取りでも、避けられない宿命があります。それは、「その会社を辞めたら、その給料はもらえなくなる」と言う事実です。逆に言えば、その給料が欲しければ、その会社にしがみつくしかないのです。老人になるまで働きたくはなかったので、元気でなうちから、会社に依存しない何らかの永続する収入源が必要だと感じていました。

⑤だけど、大きなリスクは負いたくない

私はチャレンジは好きでしたが、そのために家族を路頭に迷わすことはしたくないとも思っていました(誰もがそうでしょうけど(^_^;)。勝算を見極め、不必要なリスクを取らないことも、チャレンジと同様に重要なことだと信じています。

さて、これら全てを満足させる手段はあるのでしょうか?

あなたならどうしますか?

私はひとつの完璧な答えを見つけました。

それが、ザンゴです。

今では、時間的にも経済的にも満たされ、家族や友人たちと毎日楽しく暮らしています。これは全てザンゴによって実現したのです。

株式会社エナブリング

代表取締役社長
佐藤祐二

大手外資系ネットワークビジネス企業「フォーエバーリビングプロダクツ」、「モリンダ(タヒチアンノニ)」、「ザンゴ」の3社で、イベント企画、ツール開発、ブランディングなど、マーケティング全般での幅広い経験を持つ。特に“ノニ”のブランディングにおいて功績を挙げ、2002年日本商工会議所会頭賞受賞に貢献。その後、ザンゴ社のマーケティングディレクターに就任するが、その可能性を目の当たりにし、2004年7月に退職、そのままディストリビューターに転身。2006年6月に日本初の最高タイトル100Kプレミアセレクトを達成。独自の情報ソースと直感で、常に時代のトレンドを捉える。