ニュース Archive

0

なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか?

臨床心理士の岡嵜順子先生の本が話題です!
  • 口寂しくて間食
  • 早食い
  • 片づけ食いする
  • 嫌なことで「やけ食い」
  • 人のすすめを断れない
  • デザートは別腹
どれか1つでも思い当たれば要注意!
 
でも、安心してください。
こちらが解決編です
↓↓↓
  • 口寂しくて間食・・・5分待つ。食欲は5分待つと落ち着く。それまでは電話やメール、ガムなどで気を紛らす
  • どうしても食べたかったら・・・小皿に取り分ける。残りは目に入らないところにしまう
  • 早食い・・・20分かけて食べる。満腹信号が出るまで20分
  • 片付け食い・・・計画して買い物する。買い過ぎが作り過ぎの原因。盛り付けも小皿に少し=誰も残さないように
  • 人のすすめを断れない・・・心から「美味しかったです!」
  • ストレス・・・食べる以外にリラックスできることを見つける
  • デザートは別腹・・・小さな器に取る。高価なものをたまに食べる=ご褒美
 もちろん、ザンゴも役立ちますよd(^_^o) 
  • 食前にザンゴを飲むと食べ過ぎの防止に
  • エレビブはストレスを解消し、食欲を抑える
  • ファバオはローカロリーで美味しく満腹。食欲抑制、脂肪燃焼、ビフィズス菌を増やし、快便を促す!
 この夏こそナイスボディーヽ(^o^)丿
0

ソーシャル・リテラシー

1年前に「日本人の電話もメールも青森のエシュロンに盗聴されてるよ」と言っても多くの人は「まさかあ」と思いました(^_^;)

が、元CIA職員の内部告発によって暴露され、オバマ大統領もそれを認めました(テロ防止と釈明してますが・・・)

 
子宮頸ガン、マイナンバー制度、TPP、中東和平
 
ボーッとニュースを見ていれば無関係ですが、社会を読み解くチカラ(ソーシャル・リテラシー)を養うと大きな流れが見えて来ます。
 
その中で私たちができる備えは、
 
・自立する(借金しない)
・健康に気を付ける(医療を盲信しない、有害成分を避ける、ザンゴを飲むd(^_^o)
・家族や友人と絆を深める
・テレビをボーっと見ない(バカになります(>_<)
 
ザンゴの仕事は、これら全てを解決できるパーフェクトビジネスです。
私たちだけでなく、これからの未来と私たちの子孫のために重要な仕事です。
0

薬に依存しない社会

子宮頸ガンに限らず、「予防接種信奉」に警鐘を鳴らす学者は少なくありません。
 
水銀保存料のインフルエンザワクチンやポリオの生ワクチンなど、日本では誰も疑問に思わない「常識」が、先進国では「意外な驚き」です(-_-;)
 
テレビや国のキャンペーンを鵜呑みにしても、家族の健康(生命)は保証されません。
(薬害エイズや水俣病などの歴史)
 
おばあちゃんが病院で友達と待ち合わせ、お土産に袋一杯の薬を持って帰る社会に疑問を感じないといけません。
 
「薬で健康になれる」と信じた結果、医療費が激増したばかりか、全く患者も減っていないのが事実(>_<)
 
健康の基本は、「食べ物」と「ライフスタイル」
 ザンゴは「食べ物」です。
 
サプリメントでも、抽出・精製されたものには薬と同じ副作用の心配があります(-_-;)
 だからザンゴは、「自然のチカラ」に敬意を払い、「素材の丸ごと利用」にこだわるのです。
 
そして今、日常の生活で吸収している毒物を排除するため、ナチュラルなパーソナルケア製品「ジュニ」が発売されるのです。
 
自分だけでなく、家族や子々孫々の健康を守るのは、私たちの使命ですd(^_^o)
0

ノーベル賞受賞の発見

狭心症の治療と言えばニトログリセリン
体内で一酸化窒素を生成し血管を拡張します。

この研究に没頭したイグナロ博士は、効果的に体内で一酸化窒素を増加させ、血流を劇的に改善する方法を発見

その研究を元に開発された医薬品が、世界で最も売れている「バイアグラ」です。

元々は心疾患や脳血管疾患の治療薬でしたが、副作用として男性機能の回復が注目され、それらの功績からノーベル生理学・医学賞を受賞

研究をさらに発展させ、副作用が全くなく、安全でに一酸化窒素を増加させるレシピを確立
それは、心疾患、脳血管疾患だけでなく、高血圧(当然)や動脈硬化、糖尿、アルツハイマー、ガンなど、幅広い範囲で健康を改善することが確認

その世界が注目の処方を身近なものに・・・。

0

収入倍増計画

ザンゴ製品の愛用者を倍増し、コミッションと社会貢献的影響力を劇的に拡大する「ザンゴノミクス戦略!」

その3つの矢とは:

1. 製品の魅力が瞬時に伝わる最新情報の提供
2. 誰にでも伝えたくなるお得なキャンペーンの活用
3. 初心者でもビジネスを効果的に展開できる仕組みの充実

他にもまだまだあって、今年は気合いが違います(^_-)-☆

0

母は偉大なり

出産直後のお母さん

出産直後のお母さん

昨日は長女の出産にたくさんのお祝いメッセージをいただき、ありがとうございました!

多くの方が妻のことを気にかけてくださり、細身での5人目を労っていただきましたm(_ _)m

確かに出産は命がけですからね。さすが母親の底力に、男は敵いません(-_-;)

そんな中ですが、今夜のウェビナーも予定通り開催します!

この仕事のおかげで、私は妻の傍にいられましたし、ウェビナーは自宅でセミナーに参加できる便利さです。

21時スタート!(15分前からログインできます)

0

ご報告!

初めての娘ですヽ(^o^)丿

初めての娘ですヽ(^o^)丿

今朝6時12分に、我が家に5人目にして初の女の子が誕生しましたo(^▽^)o

3362gでスラっとしたモデル体型ですが、上品で利発そうなお嬢様です。

名前もまだ決まってませんが、初の娘なので思春期の接し方や花嫁になる日を思うと不安で夜も眠れません(~_~;)

これからも、家族ともどもよろしくお願いしますm(_ _)m

0

ザンゴの大ブームプロジェクト!

いつもザンゴジュースをご愛飲いただき、また、周りの方々にお伝えいただき、ありがとうございますm(_ _)m

昨日は、花粉症と偏頭痛、PMSに20年間悩まされ、薬に頼るしかなかった30代の女性がザンゴに出会われて大変喜び、登録されました(^_^)

また、5年前にザンゴに出会い、2年間愛用しながらもその後3年間休まれ、昨年ガンと診断された60代の女性が、いろいろ試した結果、今日、ザンゴに戻られました。

私も20年間健康について勉強して来ましたが、ザンゴには、他では決して得られない高い効果と安全性が兼ね備えられています!

今年はこれをもっと劇的に伝え広め、ザンゴの大ブームを起こすために日米合同の特別プロジェクトを開始することになりました\(^o^)/

・・・長いので2回に分けます。

0

花粉症大爆発!?

今年の花粉症は手強そうですね。

スギ花粉が中国から飛来しているPM2.5と結びついて大爆発!

粒子がさらに細かく飛び散り(PM1.0)、私たちの町にやって来ます(>_<)

これまでの鼻グシュグシュ、目ショボショボ、喉イガイガだけでなく、肺の深部まで侵入して気管支炎や喘息、免疫低下を招く恐れ(ToT)

これまで平気だった人も、いよいよ花粉症デビューの可能性も!

特殊マスクや入室前の衣服洗浄、部屋の2度拭き&加湿器にも限界があります。

最後はやっぱり健康のチカラ。

20年花粉症だった私もザンゴを飲んでほぼ完治\(^o^)/

今も全く症状がありませんが、今年は油断できないので、いつもより多めに飲みます(^_-)-☆

0

大気汚染から身を守る

最近、中国の大気汚染が日本にも拡がり問題になっています。

が、じつは、中国の核実験による大気汚染の方が、東京においては福島の原発より高い放射性レベルでした(-_-;)

自分の国がいくら気を付けても、世界からやって来る汚染は防げません。

これはインフルエンザでも同じですが、最終的には自分の免疫力を高めるしかないんですよね。

免疫力は、体内の活性酸素が少ないほど効果的に働きます。

マンゴスチン(果皮)にはブルーベリーの7倍、ホウレンソウの13倍、緑茶の20倍もの抗酸化力があると言われます。

今後ますますザンゴジュースが欠かせない時代になりますねd(^_^)

今夜も9時からウェビナーです。

システムもリニューアルし大好評!

時間に余裕を持ってログインしてください